審美歯科について

美しく輝く白い歯と機能的で健康な歯を手に入れましょう!

審美歯科治療とは、美しさに焦点を当てた、総合的な歯科医療のことです。
歯には機能的な側面と、美的な側面がありますが、その両面に焦点を当てて、幼年期から老年期まで、その年代にあった口元の健康と健康美を求めていこうというのが、私たちの考える審美歯科治療です。

金属を使わない体に優しいメタルフリー治療

メタルフリーとは、銀歯などの金属を使わず、セラミックやジルコニアなどのノンメタルの素材を使って治療をすることをいいます。これにより金属アレルギーや金属イオンによる歯茎の黒ずみが解消されます。金属を使用しないことで見た目にも美しく、白い天然歯に近い自然な仕上がりになります。

今後の歯科治療はメタルフリーの治療が主流になっていくと考えられています。当院でもメタルフリー治療を行っておりますので、興味のある方はお気軽にご相談ください。

素材の比較

硬質レジン前装冠、硬質レジンジャケット冠

[メリット] プラスチックの素材で保険範囲内での治療が可能。
[デメリット] 変色・着色しやすく、強度は柔らかく破折・磨耗しやすい。
中身の金属の種類によっては金属が溶けて歯茎が変色したり、金属アレルギーを起こす可能性がある。

オールセラミック(ジルコニア)

[メリット] 金属を使用せず、歯肉が黒ずみにくい。高い強度と生態親和性がある。仕上がりが一番美しい。
[デメリット] 保険適応外。

メタルボンド

[メリット] 陶材と金属を焼き付けて作るので強度がある。
[デメリット] 中身の金属の種類によっては金属が溶けて歯茎が変色したり、金属アレルギーを起こす可能性がある。保険適応外。

ホワイトニング

歯を削らずに本来の輝く白い歯を取り戻す

ホワイトニングとは削らずに、歯の色素沈着を漂白し、美しい歯の輝きを取り戻す方法です。ホワイトニングは、歯科医院などで行うオフィスホワイトニングと、自宅で自身で行うホームホワイトニングの2種類に分けられます。
歯の黄ばみは先天性のものであったり、薬物・損傷によるもの、食生活や加齢の影響など様々な原因で起こります。
ホワイトニングで本来の白い歯を取り戻しましょう。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングは以下の2種類ありますが、当院では、色の持続性があり色ムラなくきれいに仕上がるホームホワイトニングを中心に行っております。

ホームホワイトニング

ご自宅で患者様が行うことのできるホワイトニングです。
[期間] 毎日行った場合2~4週間、2~3日に1回の場合1~2ヶ月
[メリット]
 自宅で気軽にできる。徐々に色が変化するため、オフィスホワイトニングより長く効果が持続し、色ムラなくきれいに仕上がる。
[デメリット] 効果が出るまでに時間がかかる。

オフィスホワイトニング(※基本的に当院ではオススメしておりません)

歯科医院で専用の機械を用いて行うホワイトニングです。
[期間] 1~3回の来院
[メリット] 短期間で歯の色を白くすることができる。
[デメリット] 短期間で行う分、元の色に戻るのも早い。また色ムラもできやすい。歯科医院に通う必要がある。

当院のホームホワイトニングについて

当院では下記のホームホワイトニングを取扱っております。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Opalescence

[メリット] リーズナブル
[デメリット] 効果が出るのに時間がかかる

NITEホワイト

[メリット] 効果が出るのが比較的早い
[デメリット] 他のホワイトニングと比べてやや割高

審美歯科・ホワイトニングQ&A

  • 自費診療で使用するセラミックは水分を吸収しないので、変色せず、天然歯と近い色や形・強度を復元することが可能です。一方、保険診療で使われる白い差し歯は、材質がプラスチックのため水分を吸収してしまい、1~2年経つと変色してきます。また、強度もセラミックほどはありません。

  • 陶器なので着色しません。毎日磨けばきれいに保つことができます。ただセラミックはホワイトニングができないので、本来の歯の色が気になる方は、他の歯をホワイトニングしてからその歯の色に合うセラミックを選ぶことをおすすめいたします。

  • ホワイトニング中は非常に色を吸着しやすい状態になっています。できるだけ色の濃い食べ物(カレー・醤油・コーヒーなど)は避けてください。

  • 歯の状態にもよりますが、食生活などにより通常6ヵ月程度で若干後戻りを起こすことがあります。
    その場合でも歯のクリーニングを行うことにより白さを維持することができます。その後も数ヶ月ごとのケアで効果が持続します。

©2015 カシワ木歯科医院 株式会社トレンドメイク