インプラント治療について

歯を失ってしまった場合の治療方法として、「インプラント」「ブリッジ」「義歯(入れ歯)」の3つの方法があります。 それぞれの特徴をまとめると以下のようになります。(一般的な設計のもの)

インプラントの優位性【ブリッジ・義歯(入れ歯)との比較】

義歯(入れ歯)
ブリッジ
インプラント

インプラントは隣の歯への負担がなく、本物の歯のように咀嚼が可能です。

 インプラントブリッジ義歯(入れ歯)
隣の歯削らない削る少し削る
隣の歯への負担なし
様式固定式固定式取り外し可
咀嚼
保険適応外適応あり適応あり
外科的要素あり基本的になし基本的になし

自分の歯と同じように噛むことができるインプラント

今までは一般歯科(健康保険適応内)で治療ができる「義歯(入れ歯)」や、前後の歯を削ってかぶせる「ブリッジ」などが中心に行われてきました。
ですが近年、第3の治療方法として「インプラント治療」が増加してきております。
インプラントとは、歯の抜けたあごの骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上から人工の歯をかぶせる治療方法です。
ブリッジや入れ歯のような違和感や異物感がなく、本物の歯と同じような使用感があります。

インプラント治療はこんな方におすすめです

入れ歯やブリッジに不満のある方 | ブリッジで両隣の健康な歯を削りたくない方 | 自分の歯のように噛みたい方 | 入れ歯の口臭が気になる方

インプラント治療の流れ

1. 調査、術前計画

まず、レントゲンなどによる十分な診断を行い、治療の計画についての説明を受けます。

2. インプラント植立の手術

歯が抜けた所へインプラントを埋入した後、あごの骨にしっかりと固定されるまで、3~6ヶ月待ちます。

3. 人工の歯の取り付け

インプラントによるしっかりとした土台ができたら、人工の歯を上にかぶせます。

4. 完了

インプラント治療後は、アフターケアとして正しいブラッシングを行うとともに、半年に1度は定期検診を受けてください。

インプラントQ&A

  • インプラントは、体の中で非常に安定した素材であるチタンでできており、骨とのなじみをさらに良くするために表面処理が施されています。
    チタンは人工関節などさまざまな分野で使用され、生体親和性の高い材料として世界で認められています。

  • 年齢の上限はありませんが、骨の成長がほぼ終了する16歳ぐらいから治療を受けることができます。ただし、心臓病や糖尿病などの持病がある人や、妊娠中の人などは受けられない場合があります。また、あごの骨の状態によっても受けられない場合があります。いずれの場合も事前にご相談ください。

  • 手術は局所麻酔下で行いますので、ほとんど痛みはありません。
    インプラントの埋入手術の処置時間は約30分~120分です。

  • インプラント治療は自費診療となっていますので、保険が適用されません。実際の治療費はインプラントの種類や本数、かぶせる人工の歯の材質などによって異なりますので、詳しくはご相談ください。

  • インプラント自体は生体なじみのよいチタンでできています。長持ちさせるのに重要なことは自分の歯と同じような手入れをすることです。ブラッシングはもちろん、歯肉の健康状態や正しい噛み合わせのチェックをするため、半年に1度は定期検診を受けてください。

©2015 カシワ木歯科医院 株式会社トレンドメイク